メニュー

本当はとっても怖い歯周病

[2021.02.13]

皆さんこんにちは😃

 
佐藤まごころ歯科院長の、佐藤博昭です。
 
本日は、
 
『本日はとっても怖い歯周病』
 
というお話をしたいと思います。
 
皆さん、歯周病って、どのくらいの人がかかっていると思いますか?
 
実は、30歳以上の人の3人に2人が歯周病にかかっているんです‼️
 
これは、まさに現代病です。
 
しかし、多くの人々は、歯周病だからといって、歯茎が腫れやすくなったり、ほっとけば治る程度なんでしょ、と軽く考えがちです。
 
歯周病を放置すると、歯を支えている骨が溶けてきて、歯がグラグラしてきて、やがて抜けてしまいます。
 
実は、歯を失う原因の第1位は、虫歯ではなくて、歯周病なんです‼️
 
さらに、歯周病によって、命を危険にさらす病気にもかかります。
 
  • 心臓病
  • 肺炎
  • 糖尿病
  • 骨粗鬆症
  • 低体重児出産
  • バージャー病(閉塞性血栓血管炎)
さらに怖い事実があります。
 
厚生労働省より、高齢者(65歳以上)の死亡原因の第1位は肺炎と報告されています。ガンなどの疾患を持っていても、直接の死因は肺炎なんですね‼️
 
肺炎の中でも、特に怖いのが、口の中の細菌が肺に入り込み炎症を起こす、誤嚥性肺炎や嚥下性肺炎。
 
高齢になると、食べ物を飲み込むための喉の筋力が低下し、本来食道に入るものが、気管支に入ってしまうことがよくあります。
 
誤嚥性肺炎を起こした肺からは、歯周病原因菌が高い頻度で見つかることから、歯周病と肺炎に強い関係が見られます。
 
ですので、現在、訪問歯科による、高齢者の方の口腔ケアが重要視されてます。
 
お口のなかを常に清潔に保つことは、健康と長生きに直結してるんですね‼️
 
皆さんも、歯周病の治療と予防をしに、歯医者さんで歯石取りと歯のクリーニングをしに行きましょう‼️
 
お口の中が清潔だと、気分もスッキリしますよ‼️

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME